お知らせINFORMATION

西日本新聞にて「起業・ものづくり塾」の取り組みが紹介されました

2021年7月28日(水)発行の『西日本新聞』(西日本新聞社)にて、熊本県産山村と当社の未来づくり事業部が、産山村での起業と商品開発を支援するプログラム「起業・ものづくり塾」の取り組みが紹介されました。

― 産山村の魅力発見「起業・ものづくり塾」 観光サービス創出にも力
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/776707/

産山村では、令和元年に策定した「うぶやま未来計画」において、”稼ぐ”ことをキーワードに、 村内資源を活用して六次産業化による商品開発を行い、売上を向上させることで、新たな雇用創出を図る取組みである「稼げる村づくり推進事業」を展開しています。

その中で、食に関する方々のスキルアップ及び仲間づくりの場である「阿蘇ファーマーズキャンプ」を運営する株式会社 SMO 南小国が当該事業を受託し、起業と商品開発に必要な技術習得を提供するために「起業・ものづくり塾」を運営しています。

産山村と SMO 南小国では、令和 2 年7月に本プログラムを開始し、半年の開発期間を経て、産山村在住の6名の生産者に対して商品開発の支援を行いました。
結果、6品目が試作品として開発され、その内の2品(+botanical ubu シリーズ、原木しいたけのタプナード)が熊本県内の飲食店等で販売されています。

|本件に関するお問い合わせ

株式会社 SMO 南小国 広報担当
TEL:0967-42-0555
MAIL:hello@mogbb.jp